• 本

死体鑑定医の告白

出版社名 東京書籍
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-487-81086-4
4-487-81086-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 205P 20cm

商品内容

要旨

「事故ではありません。その人は殺されたのです」次から次へと依頼される「再鑑定」。本当の死因は何か。天才監察医が解き明かした難事件の真相とは…。数々のテレビ番組に出演。圧倒的な共感を呼んだ著者が書き下ろした衝撃の最新刊。ついに発売!

目次

1(母親からの切なる手紙
自殺か他殺かのボーダーライン
「目からウロコです」)
2(お寺はなぜ燃えたか
ふたつの死因はない
父の無念を晴らしたい)
3(二転、三転…
温泉の湯船に浮かんだ死体
涙の遺骨鑑定)

著者紹介

上野 正彦 (ウエノ マサヒコ)  
元東京都監察医務院長・医学博士。1929年茨城県生まれ。東邦医科大学卒業後、日本大学医学部法医学教室に入る。59年東京都監察医務院監察医となり、84年同院長になる。30年にわたって変死体の死因解明に努め、浅沼稲次郎事件、三河島列車二重衝突事故、ホテルニュージャパン火災、日航機羽田沖墜落事件などを担当。2万件以上の検死と解剖を行ってきた。89年東京都監察医務院退官後に出版した『死体は語る』(時事通信社)は65万部を超える大ベストセラーになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)