• 本

ブラック・フラッグス 「イスラム国」台頭の軌跡 上

出版社名 白水社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-560-09561-4
4-560-09561-2
税込価格 2,530円
頁数・縦 255,5P 20cm
シリーズ名 ブラック・フラッグス

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「イラクのアル=カーイダ」の創設者ザルカウィの生い立ちから「イスラム国」の指導者バグダディによるカリフ制宣言まで、疑似国家の変遷と拡大の背景を迫真の筆致で描く。中東取材20年のベテラン・ジャーナリストによる傑作ノンフィクション!ピュリツァー賞(一般ノンフィクション部門)受賞作。

目次

第1部 ザルカウィの台頭(「目だけで人を動かすことができる男」
「これぞリーダーという姿だった」
「厄介者は必ず戻ってくる」
「訓練のときは終わった」
「アル=カーイダとザルカウィのために」
「必ず戦争になるぞ」
「名声はアラブ中に轟くことになる」)
第2部 イラク(「もはや勝利ではない」
「武装反乱が起きていると言いたいんだな?」
「胸くそ悪い戦い、それがわれらのねらいだ」
「アル=カーイダのどんな仕業も及ばない」
虐殺者たちの長老)

おすすめコメント

ピュリツァー賞受賞作! ISILの指導者バグダディがカリフを自称し、イスラム国(IS)の「国家」樹立を宣言してから四年。この間、有志連合の空爆を受けるなどして勢力はやや衰えたとはいえ、今もシリア・イラクの各地で激しい攻防が続いている。このISの前身である「イラクのアルカイダ」は2004年、ヨルダン生まれの悪名高いイスラーム主義者ザルカウィによって設立された。本書は、ザルカウィとその後継者を中心に、ISが生まれた背景から現在に至るまでを詳細に描いたノンフィクションである。街のチンピラがアルカイダとつながって国際的なテロ組織を主導するようになった背景には何があったのか。イラクのフセイン政権打倒に走った米国失策の誘因とは――。200人を超える関係者らの生々しい証言と精緻な裏づけにより構成され、丁寧な人物描写と複雑にからみ合った相関関係から、組織の構造や事件・事象の全体像を鮮やかに浮かび上がらせる。中東取材20年のジャーナリストが独自の人脈を駆使し、スパイ小説さながらの手に汗握る筆致でISの変遷と拡大の背景を描き切った、調査報道の白眉。

著者紹介

ウォリック,ジョビー (ウォリック,ジョビー)   Warrick,Joby
1960年、米国ノースカロライナ州に生まれる。テンプル大学卒業。『ニューズ・アンド・オブザーヴァー』の記者として96年、環境問題に関する報道でピュリツァー賞(公益報道部門)を共同受賞。96年以来、『ワシントン・ポスト』で中東問題を中心に、安全保障・外交・テロ・環境などの分野を専門とするジャーナリストとして活躍している。2016年、Black Flagsでふたたびピュリツァー賞(一般ノンフィクション部門)を受賞
伊藤 真 (イトウ マコト)  
ノンフィクションを中心に翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)