• 本

カリスマ解説員の楽しい星空入門

ちくま新書 1269

出版社名 筑摩書房
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-480-06971-9
4-480-06971-2
税込価格 924円
頁数・縦 186P 18cm

商品内容

要旨

古代より人間は、星から多くの情報を得て暦をつくり、想像力たくましく神話を語り継いできた。ストーリーを楽しみながら、雨季や洪水の時季、種まきや収穫といった農作業のタイミング、狩りや旅の針路、戒めの寓話や歴史を伝承するなど、生活に必要な知恵も星から学んだ。晴れた日には夜空を見上げよう。星をかいせば、恋人たちのロマンチックな夜の会話や、親子のコミュニケーションも盛り上がる。星座の探し方から神話や歴史、宇宙についての基礎知識まで紹介。紙上プラネタリウムの開演です!

目次

序章 星座探しの旅に出発
第1章 春の星座と神話―銀河の向こうの別の宇宙
第2章 夏の星座と神話―肉眼で宇宙の姿を見る
第3章 秋の星座と神話―月の見方や宇宙生命体の条件とは
第4章 冬の星座と神話―見つけたら幸せになる星々
第5章 太陽系の惑星の見方―地球の家族星
第6章 プラネタリウムの裏話

おすすめコメント

晴れた夜には、夜空を見上げよう! 星座の探し方から、神話や歴史、宇宙についての基礎知識まで。紙上プラネタリウムの開演です!

著者紹介

永田 美絵 (ナガタ ミエ)  
大学卒業後、天文博物館五島プラネタリウム、東急まちだスターホール、五藤光学研究所などを経て、現在株式会社東急コミュニティーコスモプラネタリウム渋谷解説員。NHKラジオ第一「子ども科学電話相談」の天文・宇宙関連を担当。東京新聞連載「星の物語」を執筆
八板 康麿 (ヤイタ ヤスマロ)  
日本大学芸術学部写真学科卒業後、出版社勤務を経て写真家に。日本写真家協会賞(JPS展)大賞、第一回日本絵本賞などを受賞した天文写真の第一人者
矢吹 浩 (ヤブキ ヒロシ)  
イラストレーター。プラネタリウムのアートディレクターとして、数々の番組、イベントの映像制作を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)