• 本

静かに狂う眼差し 現代美術覚書

出版社名 水声社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-8010-0276-0
4-8010-0276-5
税込価格 2,700円
頁数・縦 172P 22cm

商品内容

要旨

ルネサンス以来、その規模と深さにおいて大きく転換した20世紀の芸術とはいかなるものか?DIC川村記念美術館が所蔵するコレクションを読み解きながら、「密室」、「表象の零度」、「(反)色彩グレイ」、「表面」、これら4つのテーマを道標にして現代美術史に一筋の光を投げかける書き下ろしエッセイ。

目次

第1章 密室の中の眼差し
第2章 表象の零度―知覚の現象学
第3章 グレイの反美学
第4章 表面としての絵画―ざわめく沈黙

著者紹介

林 道郎 (ハヤシ ミチオ)  
1959年、函館市に生まれる。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院美術史学科博士号取得。美術批評家。現在、上智大学国際教養学部教授。専攻、近現代美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)