• 本

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 2

富士見ファンタジア文庫 さ−2−5−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-04-072308-2
4-04-072308-2
税込価格 715円
頁数・縦 315P 15cm
シリーズ名 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

商品内容

要旨

帝国とネビュリス皇庁が争う戦場で、運命の邂逅を果たした帝国最強の剣士イスカと皇庁の魔女姫アリスリーゼ。「こんな騒がしいカジノに、アリスがいるわけないか」「大当たりを出したって、彼に会えなきゃ意味がないのよ」互いに再戦を求め、すぐ近くにいながらも、二人は偶然か必然か、すれ違いを続けていた。しかし、敵対する少年少女の運命は戦場でこそ交わる。星脈噴出泉―この永き戦争の元凶。これを巡る任務に参戦することになった二人。その戦場には、決着を求める彼らの高潔な想いだけでなく、帝国・皇庁それぞれの陰謀が渦巻いていて―。

おすすめコメント

「イスカと二人きりになりたいのに!」「さすがにこんな街にアリスがいるわけないか」再戦を求めるイスカとアリスだが、運命がもたらすものは、すれ違い。そんな中、二国に潜む反逆者の陰謀に巻きこまれ――!

著者紹介

細音 啓 (サザネ ケイ)  
第18回ファンタジア大賞、受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)