• 本

きっと幸せの朝がくる 幸福とは負けないこと

潮文庫 ふ−2

出版社名 潮出版社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-267-02093-3
4-267-02093-0
税込価格 880円
頁数・縦 217P 16cm

商品内容

要旨

人生のどん底で知った、どんな苦難にも負けない広岡浅子の生き様に励まされながら、やっとの思いで書き上げた『小説土佐堀川』が、刊行から27年を経て、朝ドラ「あさが来た」の原案本となる。それまでの軌跡は、著者自身の蘇生のドラマでもあった。「苦しんだ人こそ幸せになれる」を信条に生きてきた、85歳の「答え」がこの1冊に凝縮!

目次

プロローグ 人生の敗北者になった日
第1章 身につけたいもの捨てたいもの
第2章 人柄が福を引き寄せる
第3章 「生きる」を生きる
第4章 結構楽しく暮らすために
第5章 いちばん苦しんだ人がいちばん幸せに
文庫版特別エッセイ 『小説土佐堀川』への道

著者紹介

古川 智映子 (フルカワ チエコ)  
1932年、青森県弘前市に生まれる。県立弘前中央高校、東京女子大学文学部卒業。国立国語研究所で『国語年鑑』の編集に従事、その後は高校教諭を経て、執筆活動に入る。日本文芸家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)