• 本

気のきいた短いメールが書ける本 そのまま使える!短くても失礼のないメール術

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-478-06953-0
4-478-06953-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 210P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

返信、アポ、お詫び、感謝、依頼、催促…すべてのシーンに対応。もう悩まない!馴れ馴れしくなく、よそよそしくないメールの書き方。便利な索引でぱっと探せてすぐ使える。17のビジネスシーンに対応したフレーズ集。誰もが悩む「季節の言葉」の月別一覧表入り。注意すべき「へりくだりすぎ」メールとは。どんな場面でも使える短くても失礼のない、400のお役立ち表現を集約!迷うことなく「気のきいた短いメール」が書けるようになるビジネス文章術。

目次

第1部 気のきいたメール仕事15のポイント(メール仕事をコンパクトに
返事の「後回し」はあり?
ワンパターンだと気がきかない? ほか)
第2部 この場面ではこう書く!気のきいた短いメール術(約束する
約束を変更する
複数メンバーの日程調整 ほか)
第3部 これだけはおさえたい!気のきいた敬語マナー(尊敬語と謙譲語はどう違う?
よくつかう敬語の基本ボキャブラリ
「くださる」「いただく」どっちがいい? ほか)

おすすめコメント

インターネット上には、様々な「メールの掟」があふれています。 正しく良識的なものもありますが根拠のないものも多く、調べれば調べるほど時間を浪費してしまうことも多いのではないでしょうか? この本では、返信、アポ、お詫び、感謝、依頼、催促等、どんな場面でも使える、短くても失礼のないお役立ち表現を400個掲載。 ビジネスコミュニケーションの著述・講演を多数行っている著者が、実際の使用例を交えてわかりやすくレクチャーしてくれます。 また、索引や、誰もが悩む「季節の言葉」の月別一覧表も掲載。 メール作成に便利な要素を網羅しています。 ネットの情報に振り回されないための羅針盤として、正しいメールが書けるようになるビジネス文章術読本。 ぜひ、立ち読みページからご一読ください。

著者紹介

中川路 亜紀 (ナカカワジ アキ)  
1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、1998年、コミュニケーション・ファクトリーを設立。ビジネスコミュニケーション関連の著述・講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)