• 本

病院大連携時代へ 人づくり、まちづくり、病院づくり 「地域医療連携推進法人」制度を利用して

出版社名 財界研究所
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-87932-126-8
4-87932-126-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 187P 19cm

商品内容

要旨

団塊世代の全員が後期高齢者(75歳以上)となる2025年。今の医療・介護サービス提供の仕組みのままでは地域崩壊は不可避。どう回避するかの知恵比べが始まった―。

目次

1 病院の大再編時代へ
2 山形県庄内地区の「地域医療連携推進法人」
3 地域医療連携推進法人で何をどうするのか?
4 「地域医療連携推進法人制度」を利用して―福島県・公立岩瀬病院再建物語
5 「地域医療連携推進法人」を阻む課題
6 「地域医療連携推進法人制度」わたしはこう見る

著者紹介

長 隆 (オサ タカシ)  
東日本税理士法人会長・監査法人長隆事務所代表。昭和16年3月生まれ。昭和39年早稲田大学卒業。昭和42年税理士試験合格。昭和50年公認会計士第3次試験合格。昭和51年公認会計士長隆事務所開業。平成14年税理士業務部門を法人化、東日本税理士法人に名称変更、代表社員就任(現在、会長)。平成28年監査法人長隆事務所設立、代表社員就任。総務省地方公営企業経営アドバイザー、総務省公立病院改革懇談会座長、総務省自治体病院経営改善推進研究会座長、内閣府行政刷新会議分科会評価者、公立学校共済組合病院運営検討会議会長、東京都病院協会顧問、日本赤十字社病院経営審議会委員、聖マリアンナ医科大学非常勤講師、社団法人全日本病院協会参与、日本赤十字学園監事など、その他多数の役職を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)