• 本

波の音が消えるまで 第3部

銀河編

新潮文庫 さ−7−25

出版社名 新潮社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-10-123525-7
4-10-123525-2
税込価格 680円
頁数・縦 372P 16cm
シリーズ名 波の音が消えるまで

商品内容

要旨

劉が遺したノートにたった一言書かれた謎の言葉。あの人はついにバカラの必勝法を見出したのか?偶然のなかに完全な必然はあったのか?その指先でバカラの深奥に触れた航平は退路を断ち、最後の賭けに打って出る―。もう後戻りなどしない。勝つためではなく、生を濃く生きるために。世界を掴み、神になるために。幾多の河を渡り、最後の岸辺に着いた青年は何を見たのか。激動の完結編。

著者紹介

沢木 耕太郎 (サワキ コウタロウ)  
1947年、東京生れ。横浜国大卒業。ルポライターとして出発し、’79年、『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、’82年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、’85年に『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞を受賞。’86年から刊行が始まった『深夜特急』三部作では、’93年、JTB紀行文学賞を受賞した。’06年に『凍』で講談社ノンフィクション賞を、’14年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)