• 本

銀翼のアルチザン 中島飛行機技師長・小山悌物語

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-04-105927-2
4-04-105927-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 285P 20cm

商品内容

要旨

SUBARUの安全神話の源流となった男。「疾風」をテストした米国空軍は、その性能に驚愕した。幻の「富嶽計画」に込めた平和への願い。

目次

プロローグ 空を切り裂く悪魔の機体
第1章 東北からやってきた男
第2章 空飛ぶジャンヌ・ダルク、松本キク
第3章 変人、糸川英夫の入社
第4章 中島知久平の野望
第5章 隼の翼を手に入れろ
第6章 日米開戦
第7章 アメリカ本土を直撃せよ
第8章 残された戦い
第9章 地上を選んだイカロスたち
エピローグ 富嶽、飛ぶ

おすすめコメント

小山悌(こやま やすし) 1902年生まれ。東北帝国大学機械科卒。東北帝国大理学部助手、帝国陸軍電信部隊を経て、1926年に中島飛行機入社。エース技師となり、九七式戦闘機(キ27)、一式戦闘機「隼」(キ43)、二式戦闘機「鍾馗」(キ44)、四式戦闘機「疾風」(キ84)などの名機の設計を手掛けた。戦後、中島飛行機の図面を押収したアメリカ軍は、ほとんどの図面に「Yasushi Koyama」のサインがあることに驚き、彼の名は米国航空界でレジェンドとなった。しかし小山はメディアに登場することを嫌い、回顧録も残さなかったため、その素顔は謎に包まれている。

著者紹介

長島 芳明 (ナガシマ ヨシアキ)  
1980年、群馬県太田市生まれ。2010年、第11回「講談社Birth」小説部門を受賞した『進駐軍がいた少年時代』(講談社)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)