• 本

マンボウのひみつ

岩波ジュニア新書 859

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-00-500859-9
4-00-500859-3
税込価格 1,080円
頁数・縦 187,2P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人気者なのに謎すぎる魚・マンボウ。なんであんな形なの?夜光る、すぐ死ぬ、おぼれる人を助けた、3億個産卵して生き残るのは2匹…伝説の真相は?古い文献探しから先端技術での生態調査、料理やサブカルまで、マンボウのひみつを解き明かそうと挑んだ若き研究者が、悲喜こもごもの研究ワールドへご招待!(カラー頁多数)

目次

1 体のつくりを徹底解剖
2 化石もあるマンボウの仲間
3 ウシマンボウの謎
4 バイオロギングが暴く生態の謎
5 みんな気になる生態の最新情報
6 マンボウと人がつむいできた歴史
7 マンボウの民俗今昔―伝承から都市伝説まで

出版社・メーカーコメント

人気者なのに謎すぎる魚・マンボウ.なんであんな形なの? 夜光る,すぐ死ぬ,おぼれる人を助けた,3億個産卵して生き残るのは2匹……伝説の真相は? 古い文献探しから先端技術での生態調査,料理やサブカルまで,マンボウのひみつを解き明かそうと挑んだ若き研究者が,悲喜こもごもの研究ワールドへご招待!<カラー頁多数>

著者紹介

澤井 悦郎 (サワイ エツロウ)  
1985年生まれ。農学博士。さまざまな視点(分類学・生態学・民俗学)からマンボウをライフワークとして研究中。2007年近畿大学農学部水産学科卒業。2015年広島大学大学院生物圏科学研究科博士課程修了。広島大学グローバルキャリアデザインセンター特別研究員を経て、無職。現在は国立研究開発法人水産研究・教育機構国際水産資源研究所の研究等支援職員だが、任期付き。2013年岩手県三陸海域研究論文(学生の部)岩手県知事賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)