• 本

長沢芦雪 かわいいこわいおもしろい

とんぼの本

出版社名 新潮社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-10-602276-0
4-10-602276-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 126P 22cm

商品内容

要旨

愛らしい仔犬から不気味な山姥まで、一寸四方の五百羅漢図から、襖全面の虎図まで。超絶技巧の写実力に、酔いにまかせた一気描き―「かわいい」「こわい」「おもしろい」幅広い画風で、人々を驚かせ、楽しませ続けた江戸中期の画家・長沢芦雪(1754‐99)。新出作品もたっぷりと、「奇想派」の一人として注目を集める絵師のびっくり絵画と短くも波瀾万丈の人生を新進の研究者がご案内します。また、日本美術史界の泰斗、辻惟雄氏×河野元昭氏がその魅力を語り尽くした「芦雪放談」も必読。画布に現された千変万化の「奇想」を目撃せよ!

目次

グラフ 芦雪ワールド千変万化(かわいいものを描く
小さきものを描く
幼きものを描く
さまざまな顔を描く
妖しきものを描く
大きいものを小さく描く
切りとって描く
対比させて描く
酔って描く
一筆で描く
指で描く
その場で描く
しつこく描く)
対談 辻惟雄×河野元昭(「人工の奇想」の画家・芦雪の魅力を語り尽くす)
生涯 芦雪ものがたり(1754‐1786―謎につつまれた出自から、当代一の絵師・応挙先生に入門まで
1786‐1790―南紀でのびのび襖絵を描きまくり、芦雪らしさ爆発
1790‐1799―ますます「奇」の度合いは増して、晩年のスタイル極まれり)

出版社・メーカーコメント

愛らしい仔犬から不気味な山姥まで超絶技巧の写実力に、酔いにまかせた早描きも! 新出作品もたっぷりと、「奇想派」の一人として注目を集める絵師のびっくり絵画と波瀾の人生を新進の研究者がご案内します。日本美術史の泰斗、辻惟雄氏×河野元昭氏の「芦雪放談」も必読。画布に現された千変万化の「奇想」を目撃せよ!

著者紹介

岡田 秀之 (オカダ ヒデユキ)  
1975年、大阪府生れ。嵯峨嵐山日本美術研究所学芸課長。関西学院大学大学院文学研究科前期課程修了後、MIHO MUSEUM学芸員を経て現職。専門は江戸絵画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)