• 本

貨幣・勤労・代理人 経済文明論

放送大学叢書 038

出版社名 左右社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-86528-181-1
4-86528-181-9
税込価格 1,998円
頁数・縦 237P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

油田を掘り当てた人物は安宿で死に、ビジネスマンたちは掘らずに巨万の富を築いた。産業vsビジネス、それが19‐21世紀の歴史だった―。46の名著も学べる経済と人類の歴史。

目次

第1章 経済にも文明のかけらが存在するだろうか
第2章 経済文明の起源
第3章 なぜクラフトフェアは限界に達したのか
第4章 生産的とはどのような状態か
第5章 なぜ近代組織は大規模化するのか
第6章 なぜエージェンシー問題は生ずるのか
第7章 勤労精神への疑問
第8章 消費社会への転換
第9章 貨幣の信頼性はいかに保たれるか
第10章 ビジネスと産業の対立
第11章 再び、経済文明とはなにか

著者紹介

坂井 素思 (サカイ モトシ)  
社会経済学、産業社会論、消費社会論。放送大学教授。1950年長野県生まれ。1975年横浜国立大学経済学部卒業。1980年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。1985年放送大学教養学部助教授。2009年同大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)