• 本

注文の多い美術館

文春文庫 か48−5 美術探偵・神永美有

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-16-790904-8
4-16-790904-9
税込価格 924円
頁数・縦 363P 16cm

商品内容

要旨

榎本武揚が隕石から作ったという流星刀だが、刀身の成分を調べた結果、偽物と断定。しかし神永の舌は甘みを感じていた(「流星刀、五稜郭にあり」)。佐々木の教え子・琴乃が結婚。婚家の家宝、支倉常長が持ち帰ったローマ法王の肖像画は本物なのか?(「B級偉人」)。味覚で美術品の真贋を見分ける美術探偵が大活躍!

おすすめコメント

佐々木が密かに思いを寄せていた教え子・琴乃が結婚。嫁ぎ先の家宝「支倉常長が持ち帰ったタペストリー」を、琴乃は偽物と断じたが?

著者紹介

門井 慶喜 (カドイ ヨシノブ)  
昭和46(1971)年、群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。平成15(2003)年、「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。近年は推理小説に留まらず、時代小説にも進出。28年には『家康、江戸を建てる』がベストセラーとなる。同年、『マジカル・ヒストリー・ツアー』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を、さらには未来の大阪文化を担う人材に対して贈られる、咲くやこの花賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)