• 本

初歩から分かる総合区・特別区・合区

出版社名 自治体研究社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-88037-670-7
4-88037-670-1
税込価格 1,019円
頁数・縦 88P 21cm

商品内容

目次

第1章 都構想をめぐる問題の本質―「維新政治」は大阪に何をもたらしたか(不寛容なポピュリズムと市民の分断
モンスター的集票マシンと化した大阪維新の会
新自由主義的改革の絵に描いたような失敗)
第2章 特別区・総合区とは何か(特別区とは何か―特別区と「都」構想
総合区とは何か
地域自治区とは何か)
第3章 合区の意味と問題点(合区と総合区は異次元です
大阪市の区役所の現状は?
大阪市の8区総合区「区割り案」とは?
大阪市の区の移り変わり
合区の論点と今後の検討のプロセス)
第4章 住民自治を発展させるために―いま問われていること(副首都推進局による「説明」の問題点
政治と行政による「刷り込み」
区政会議との矛盾
大阪市とコミュニティ
住民自治の発展を)