• 本

文明の衝突 上

集英社文庫 ハ20−2

出版社名 集英社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-08-760737-6
4-08-760737-2
税込価格 756円
頁数・縦 318P 16cm
シリーズ名 文明の衝突

商品内容

要旨

世界はどこへと向かうのか?各地で多発する民族紛争と文明間の軋轢の本質とは何か?著者は世界を、西欧・中国・日本・イスラム・ヒンドゥー・スラブ・ラテンアメリカ・アフリカの八つの文明に分け、冷戦終結後の様々な紛争をこれら異文明間の衝突ととらえた。各界に大きな衝撃を与え、侃々諤々の大議論を呼んだハンチントン仮説のインパクトは、21世紀の今も全く色褪せることがない。

目次

第1部 さまざまな文明からなる世界(世界政治の新時代
歴史上の文明と今日の文明
普遍的な文明?近代化と西欧化)
第2部 文明間のバランスのシフト(西欧の落日:力、文化、地域主義
経済、人口動態、そして挑戦する文明圏)
第3部 文明の秩序の出現(文化による世界政治の構造変化
中核国家と同心円と文明の秩序)

出版社・メーカーコメント

世界はどこへ向かうのか。多発する民族紛争と文明間の軋轢の本質とは何か。世界を西欧・中国・日本・イスラム・ヒンドゥー・スラブ・ラテンアメリカ・アフリカの八つの文明に分け、様々な紛争を、異文化間の衝突と捉えた衝撃的仮説。

著者紹介

ハンチントン,サミュエル (ハンチントン,サミュエル)   Huntington,Samuel P.
1927年アメリカ・ニューヨーク生まれ。アメリカを代表する国際政治学者。ハーヴァード大学教授や国家安全保障会議の安全保障政策担当のコーディネーターなどを務めた。2008年に逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)