• 本

まちがいだらけの老人介護 心と体に「健康」をとりかえす82の方法

出版社名 興陽館
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-87723-216-0
4-87723-216-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 365P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

その介護で、いいですか?お年寄りのためと思って尽くしている介護が、知らないうちに、その生きる力と心を奪っている…としたら、これほど悲しいかんちがいはありません。「健康」をとりかえす。そのためには、どうしたらいいのか?その提案として、本書をまとめました。本書の提案は、介護関係者のためだけではありません。これから、老いていくあなた自身への提案でもあります。

目次

「食べさせすぎ」―老人に一日五食とは!食べる人ほど、早く死ぬ
「お肉食べすぎ」―動物食は、老人を殺す!菜食メニューにシフトを!
「寝かせすぎ」―一日寝ると一年老ける。「寝かせきり」は虐待だ
「座りすぎ」―座るほど弱り、病み、老ける
「かまいすぎ」―完全介護は“最悪介護”です!
「甘やかしすぎ」―認知症…“赤ちゃん返り”をさける
「洗いすぎ」―皮ふ病、ハゲ、白髪の原因に
「足腰、弱すぎ」―立つ、歩く、走る、これで、まともな人生だ
「筋力」は、「骨力」だ!―一に筋トレ、二に筋トレで、ちぢまない、まがらない
ヒザ痛、猫背、腰まがりは、介護の責任―運動不足と悪い姿勢をチェックしてください〔ほか〕

著者紹介

船瀬 俊介 (フナセ シュンスケ)  
医療ジャーナリスト。1950年、福岡県に生まれる。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)