• 本

西郷どん評判記

出版社名 勉誠出版
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-585-21534-9
4-585-21534-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

文武両道を貫徹した最後の武士、西郷隆盛―大久保利通、坂本龍馬、勝海舟、伊藤博文、アーネスト・サトー…その家族や同時代を生きた武士たち、思想家や文化人など様々な人物による「西郷さん」の記録。その真の人物像に迫る。

目次

家族が見た西郷どん
薩摩の武士が見た西郷どん
他国の武士が見た西郷どん
思想家が見た西郷どん
文化人が見た西郷どん
外国人が見た西郷どん
庶民が見た西郷どん
女性が見た西郷どん
子供が見た西郷どん

著者紹介

北影 雄幸 (キタカゲ ユウコウ)  
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、“男の生きざま”をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍艦』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―「甲陽軍艦」の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)