• 本

五つの証言

中公文庫 マ15−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-12-206445-4
4-12-206445-7
税込価格 864円
頁数・縦 217P 16cm

商品内容

要旨

第二次大戦前夜、狂信主義に抗して戦闘的ユマニスムの必要を説いたトーマス・マン。戦争末期、空襲が激化するなか、マンへの共感から戦後を見据えて翻訳をした渡辺一夫。この渾身の訳業によるマンの文章と、寛容論ほか渡辺の代表的なエッセイ、中野重治との往復書簡を併せて一冊にする。文庫オリジナル。

目次

五つの証言(トーマス・マンの最近の文章を読んで
ボン大学への公開状
ヨーロッパに告ぐ
イスパニヤ
キリスト教と社会主義)
寛容について(文法学者も戦争を呪詛し得ることについて
人間が機械になることは避けられないものであろうか?
中野重治・渡辺一夫往復書簡
寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか)

おすすめコメント

第二次大戦前夜、戦闘的ユマニスムの必要を説いたドイツの文豪トーマス・マン。戦争末期、空襲が激化するなか、マンへの共感から戦後を見据えて翻訳した渡辺一夫。この渾身の訳業によるマンの文章と、寛容論ほか渡辺の代表的なエッセイ、中野重治との往復書簡を併せて一冊にする。文庫オリジナル。解説・山城むつみ

著者紹介

マン,トーマス (マン,トーマス)   Mann,Thomas
1875年、ドイツ・リューベックに生まれる。作家。実科高等学校を中退し、火災保険会社の見習い社員となるが一年で辞め、大学の聴講生となる。29年、ノーベル文学賞受賞。33年亡命。55年没
渡辺 一夫 (ワタナベ カズオ)  
1901(明治34)年、東京に生まれる。東京帝国大学フランス文学科卒業。48年、東京大学教授。東京大学名誉教授。フランス・ルネサンスの文学・思想を専攻。訳書にラブレー『ガルガンチュワ物語・パンタグリュエル物語』(読売文学賞)などがある。75(昭和50)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)