• 本

鳳凰の船

出版社名 双葉社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-575-24054-2
4-575-24054-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 245P 20cm

商品内容

文学賞情報

2018年 第7回 歴史時代作家クラブ賞受賞

要旨

箱館にて洋式帆船造りの名匠と謳われた船大工の続豊治。だがある不運から、船大工の職を離れ、一介の仏壇師として二十年余りを過ごしていた。世は明治へと移り変わり、ひっそりと暮らす豊治のもとを伊豆の船匠・上田寅吉が訪ねる。寅吉との対話により、齢七十を過ぎたその胸に、船造りにかける熱い想いが再燃する。―『鳳凰の船』江戸の残映が色濃い明治初期の函館を舞台に、人々の心情を細やかに描きあげた五編。

おすすめコメント

箱館にて、かつて洋式帆船造りの名匠と謳われた船大工の続豊治。だがある不運から、豊治は一介の仏壇師として20年余りを過ごしていた。そんな豊治を伊豆の船匠・上田寅吉が訪ねる。寅吉との対話により、齢七十を過ぎた豊治の胸に船造りに賭ける熱い想いが再燃する――表題作。江戸の名残が色濃い、明治初期の函館を舞台に描く五編。

著者紹介

浮穴 みみ (ウキアナ ミミ)  
1968年北海道生まれ。千葉大学仏文科卒。「寿限無」で2008年第30回小説推理新人賞受賞。受賞作を収録した『姫の竹、月の草』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)