• 本

大人のための社会科 未来を語るために

出版社名 有斐閣
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-641-14920-5
4-641-14920-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 232,6P 19cm

商品内容

要旨

気鋭の社会科学者が、多数決、勤労、信頼、ニーズ、歴史認識、希望など12のキーワードから日本社会を解きほぐす。社会をよくしたい、すべての人のための「教科書」。

目次

序 社会をほどき、結びなおすために―反知性主義へのささやかな抵抗
第1部 歴史のなかの「いま」
第2部 “私たち”のゆらぎ
第3部 社会を支えるもの
第4部 未来を語るために
あとがき 大人のための社会科、その産声に込められた願い

著者紹介

井手 英策 (イデ エイサク)  
1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、博士(経済学)。専門は財政社会学
宇野 重規 (ウノ シゲキ)  
1967年生まれ。東京大学社会科学研究所教授。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。専門は政治思想史、政治哲学
坂井 豊貴 (サカイ トヨタカ)  
1975年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。ロチェスター大学経済学博士課程修了、Ph.D.(経済学)。専門は社会的選択理論、マーケットデザイン
松沢 裕作 (マツザワ ユウサク)  
1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部准教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中途退学、博士(文学)。専門は日本社会史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)