• 本

軟骨的抵抗者 演歌の祖・添田唖蝉坊を語る

出版社名 金曜日
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-86572-022-8
4-86572-022-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 174P 19cm

商品内容

要旨

明治から昭和初期にかけて活躍した近代流行歌の祖、添田唖蝉坊(1872〜1944年)がいま見直されている。風刺やユーモアに満ちた唖蝉坊の歌は、貧困が拡大する現代の世相に響き合い、いまも人々の心にしみいる。「ストライキ節」「ラッパ節」など、多くの人が一度は聴いたことがあるメロディーは数知れない。1%の富裕層や政治家のために「戦争ができる国」づくりを目指す現政権への痛烈な批判にもなっている。「正調」唖蝉坊を歌い継ぐ土取利行さんと、明治の社会運動に詳しい鎌田慧さんが語り合う。

目次

第1章 民衆がひろく共感する歌とは(演歌は演説歌から始まった
郡上一揆と講釈師、馬場文耕
植木枝盛の民権数え歌
「パイノパイノパイ」)
第2章 日本古来の感性を活かすには(知道最後の内弟子、桃山晴衣
坂本龍一からピーター・ブルックへ
桃山晴衣とのパリでの出会い
鹿島清兵衛と伊藤博文)
第3章 政府の弾圧にどう対抗するか(演歌に必要なものとは
妻の死と大逆事件、「むらさき節」秘話
ビートルズと原発
唖蝉坊晩年の遊行・偏路生活)