• 本

ツキノワグマ すぐそこにいる野生動物

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-13-063348-2
4-13-063348-1
税込価格 3,960円
頁数・縦 258,18P 20cm

商品内容

要旨

野生動物の世界と人間の世界が交差する現代において、動物たちのために、私たちのために、しなくてはならないことはなにか。極端な排除主義や過激な愛護思想はいらない。奥多摩、日光、ロシアなど、さまざまなフィールドでたくさんのツキノワグマと向き合ってきたクマ学者が、静かに、そして熱く問いかける。

目次

第1章 ツキノワグマという動物
第2章 森や人間の変化
第3章 人間との衝突
第4章 姿を消したツキノワグマ
第5章 管理や保全のための試み
第6章 これからどうつきあうか

著者紹介

山崎 晃司 (ヤマザキ コウジ)  
1961年東京都に生まれる。1989年東京農工大学農学部一般教育部研究生修了。茨城県自然博物館首席学芸員などを経て、東京農業大学地域環境科学部教授、博士(農学)。専門、動物生態学・保全生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)