• 本

敗者の告白

角川文庫 み45−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-04-105615-8
4-04-105615-2
税込価格 821円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

とある山荘で会社経営者の妻と8歳の息子が転落死した。夫は無実を主張するも、容疑者として拘束される。しかし、関係者の発言が食い違い、事件は思いも寄らない顔を見せはじめる。遺された妻の手記と息子の救援メール。事件前夜に食事をともにした友人夫妻や、生前に妻と関係のあった男たちの証言。容疑者の弁護人・睦木怜が最後に辿り着く、衝撃の真相とは!?関係者の“告白”だけで構成された、衝撃の大逆転ミステリ。

おすすめコメント

張り巡らされた伏線と、予想を裏切る衝撃の結末。精緻極まる本格ミステリ。 とある別荘で、妻子の転落死事件が発生。容疑者となった夫の供述、妻が遺した告発文、子供が書いた救援メール、弁護人がかき集めた関係者の証言は食い違う。事件の裏に隠された巧妙な犯罪計画とは――。

著者紹介

深木 章子 (ミキ アキコ)  
1947年東京都出身。東京大学法学部卒。元弁護士。60歳を機に執筆活動を開始、2010年に『鬼畜の家』で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)