• 本

明日も会えるのかな? 群青3.11が結んだ絆の歌

出版社名 パナムジカ
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-86604-041-7
4-86604-041-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 216P 19cm

商品内容

要旨

あなたは合唱曲『群青』を聴いたことがありますか?東日本大震災と原発事故によって引き離された友人、家族との再会を願い、南相馬市小高中学校で生まれた合唱曲『群青』。音楽教諭小田美樹と「群青の子ら」が紡いだ『群青』誕生の軌跡のすべてがここに!!

目次

第1章 小田美樹の回想一
第2章 小田美樹の回想二
第3章 小田美樹の回想三
第4章 小田美樹の回想四
第5章 小田美樹の回想五
第6章 「群青の子ら」との旅はこれからも

著者紹介

坂元 勇仁 (サカモト ユウジ)  
レコーディング・ディレクター。1961年、鹿児島市生まれ。学習院大学文学部哲学科及び同大学院人文科学研究科博士前期課程哲学専攻修了。日本現代音楽協会創立60周年記念「東京現代音楽祭」アシスタント・プロデューサー、ビクターエンタテインメント株式会社ディレクターを経て、2005年に有限会社ユージンプランニングを設立し現在に到る。主な制作作品として『原典による近代唱歌集成 誕生・変遷・伝播』などがある。また、ディレクターを担当した『漆原啓子&漆原朝子 無伴奏ヴァイオリン・デュオ』(日本アコースティックレコーズ)が平成26年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)