• 本

照る日曇る日 心のふるさと能登穴水と私

出版社名 石川県穴水町
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-8330-2108-1
4-8330-2108-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 198P 19cm

商品内容

要旨

石川県の地元紙北國新聞での珠玉の連載。夫・初代林家三平亡きあとも家族と一門を支え育んだそのパワーの原動力は?

目次

第1章 我が心の「ふるさと」(「神風が吹きます」
枯れぬ涙
竹の湯の坊や ほか)
第2章 能登・穴水からの便り(お正月のこのわた
穴水のなまこは旨い
東京穴水会 ほか)
第3章 海老名家の風景(夫のリハビリ
夫林家三平の旅立ち
「育成係」の日々 ほか)

著者紹介

海老名 香葉子 (エビナ カヨコ)  
昭和8年(1933年)、東京生まれ。昭和20年3月、東京大空襲で家族6人を失い、石川県穴水町に疎開、半年を過ごす。戦後、先代の三遊亭金馬師匠に引き取られ育つ。昭和27年初代林家三平と結婚。二男二女の母となる。昭和55年、三平亡き後、林家一門を支えるおかみさんとして、また各マスメディアでコメンテーター、エッセイストとして活躍。平成7年に記念館「ねぎし三平堂」を開く。平成12年から石川県の地元紙北國新聞で月1回「海老名香葉子の照る日曇る日」を連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)