• 本

現代租税法講座 第4巻

国際課税

出版社名 日本評論社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-535-06510-9
4-535-06510-1
税込価格 5,500円
頁数・縦 447P 22cm
シリーズ名 現代租税法講座

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

理論・実務の最前線で活躍する研究者・実務家の執筆。国際課税の分野は大きく変わってきているが、各国の対応は後手に回っている。現時点での国際租税法の現況を適確に描出。

目次

第1部 国際租税法の基本的構造とその動態(国際課税の制度設計
国際租税法の法源と規範構造 ほか)
第2部 外国法人等の課税(恒久的施設(Permanent Establishment)課税を巡る現代的諸問題
非居住者・外国法人に係る源泉徴収―源泉徴収対象の不明確性に起因する問題を中心に ほか)
第3部 内国法人の対外進出と課税(歴史的文脈の中の外国税額控除制度
わが国の移転価格税制の概要とBEPS対応 ほか)
第4部 国際課税の手続的側面(手続間情報交換
国際課税執行上の諸課題―徴収共助と送達共助 ほか)
第5部 国際課税の新たな領域(消費課税―国境を越えるデジタル取引をめぐって
国際経済法と国際租税法の交錯 ほか)

おすすめコメント

国際課税の分野は大きく変わってきているが、各国の対応は後手に回っている。現時点での国際租税法の現況を適確に描き出す。