• 本

森卓77言 超格差社会を生き抜くための経済の見方

出版社名 プレジデント社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-8334-2246-8
4-8334-2246-8
税込価格 1,296円
頁数・縦 231P 19cm

商品内容

要旨

ほんの数分時間が空いたときに、経済や社会のテーマがさっと読める!

目次

第1章 アベノミクスと日本経済、再生の手立ては?―アベノミクス/安倍政権/経済政策
第2章 激変する世界と日本―米トランプ政権/中国/EU/ロシア
第3章 日本復活への処方箋は?―産業界の動向/東芝・シャープ問題など
第4章 政治と政治家を糾す!―政治家・政策をめぐる問題・事件など
第5章 給料、税金、年金はどうなる?―賃金/税制改革/年金改革など
第6章 資産はこうして守れ!―マネー/投資/資産運用など
第7章 新しい発想でビジネスが変わる、地域が甦る―新ビジネス/新トレンド/地域活性化
第8章 ライフスタイルが変わる、常識が変わる―生き方/ライフスタイルなど

おすすめコメント

大手メディアは報じない庶民のためのモリタク流経済活性化策

著者紹介

森永 卓郎 (モリナガ タクロウ)  
1957年、東京に生まれる。東京大学経済学部経済学科卒業。日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)、三井情報開発総合研究所、UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を経て、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。専門は労働経済学と計量経済学。そのほかに、金融、恋愛、オタク系グッズなど、多くの分野で論評を展開。「グリコのおもちゃ」をはじめ、ミニカー、ペットボトルキャップ、空き缶などのコレクターとしても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)