• 本

手ぶくろを買いに/ごんぎつね ほか花のき村と盗人たち/決闘/でんでんむしのかなしみ 1ぴきの子ぎつねが、はじめて人間の町へ!

10歳までに読みたい日本名作 5

出版社名 学研プラス
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-05-204691-9
4-05-204691-9
税込価格 1,015円
頁数・縦 153P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

寒い冬のある日、子どものきつねは、手ぶくろを買いに、はじめて人間の町に出かけます―。(「手ぶくろを買いに」より)。ほか、「ごんぎつね」、「花のき村と盗人たち」、「決闘」、「でんでんむしのかなしみ」の、五話収録。さあ、心にひびく、新美南吉のお話の世界を味わってみましょう。

おすすめコメント

小学低中学年から楽しめる!オールカラーイラストでさくさく読める「日本名作」シリーズ第5弾。一度は読んでおきたい新美南吉の名作「手ぶくろを買いに」「ごんぎつね」「花のき村と盗人たち」「決闘」「でんでんむしのかなしみ」の計5話を読みやすく収録。

著者紹介

千野 えなが (センノ エナガ)  
多くの書籍の装丁画、挿絵などで活躍中
加藤 康子 (カトウ ヤスコ)  
愛知県生まれ。東京学芸大学大学院(国語教育・古典文学専攻)修士課程修了。中学・高校の国語教員を経て、梅花女子大学で教員として近代以前日本児童文学などを担当。その後、東海大学などで、日本近世文学を中心に授業を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)