• 本

御松茸(おまったけ)騒動

徳間文庫 あ57−2 徳間時代小説文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-19-894254-0
4-19-894254-4
税込価格 691円
頁数・縦 293P 15cm

商品内容

要旨

「御松茸同心を命ずる」―十九歳の尾張藩士・榊原小四郎は、かつてのバブルな藩政が忘れられぬ上司らに批判的。いつか自分が藩の誇りを取り戻すと決めていたが、突如、「御松茸同心」に飛ばされる。松茸のことなど全くわからない上、左遷先は部署ぐるみの産地偽装に手を染めていた。改革に取り組もうとする小四郎の前に、松茸の“謎”も立ちはだかる!爽快時代お仕事小説。

おすすめコメント

こんな尾張に誰がした? 松茸が取れなければクビを覚悟!江戸の松茸の大騒動!直木賞作家が描く、傑作時代小説。

著者紹介

朝井 まかて (アサイ マカテ)  
1959年、大阪府生まれ。甲南女子大学文学部卒業。2008年、第3回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞して『実さえ花さえ』でデビュー。受賞作は『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』と改題され、講談社文庫に収録。『恋歌』で第150回直木賞受賞。『阿蘭陀西鶴』で第31回織田作之助賞受賞。『眩』で第22回中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)