• 本

警視庁監察官Q

朝日文庫 す23−1

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-02-264858-7
4-02-264858-9
税込価格 799円
頁数・縦 532P 15cm

商品内容

要旨

人並みの感情を失った代わりに、あらゆる情報を瞬時に記憶する能力を得た監察官・小田垣観月。彼女は二年前のブラックチェイン事件に絡んだ爆弾の行方を追い、証拠物の巨大保管庫“ブルー・ボックス”を探るが、いつしか警察内部に斬り込むことになり…。新シリーズ第一弾!

おすすめコメント

幼い頃の事故により、人並みの感情が欠落している小田垣観月。その冷静さからアイスクイーンと呼ばれる彼女は、東大在学時代の先輩であり、現在は警視庁公安J分室に籍を置く小日向純也に憧れ、警視庁に入庁。監察官となった観月は、二年前に起きたブラックチェイン事件で使用されたプラスチック爆弾C4の行方を追うことになる。警察庁・検察庁を始め、あらゆる証拠物が保管されている巨大保管庫、通称〈ブルーボックス〉を探り始めた観月は、全ての情報を頭に焼き付けることのできる「超記憶」の能力を発揮し、そこでの微かな違和を感じ取り、背後にうごめく犯罪に辿り着くが……。警視庁公安Jの小日向純也、警視庁組対特捜Kの東堂絆を巻き込み、アイスクイーンが警視庁の内部に切り込む、新シリーズ第一弾!

著者紹介

鈴峯 紅也 (スズミネ コウヤ)  
1964年千葉県生まれ。ライター歴20年ののち、2015年12月に『警視庁公安J』で警察小説の作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)