• 本

マスカレード・ナイト

出版社名 集英社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-08-775438-4
4-08-775438-3
税込価格 1,782円
頁数・縦 457P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • マスカレード・ナイト

    東野ファン待望の最新作。!「マスカレードシリーズ」の第三作がこれ。若い敏腕刑事?とキレッキレのホテルウーマンのコンビがふたたびの活躍。複雑に絡み合ったストーリーを解き明かしていく展開は、読む者のページをめくる手を止めることはできない。 幅広いレパートリーを持つ東野作品だが、本来の東野作品の原点は、ここにあるような気もする。秋の夜長にイッキ読み間違いなし。

    (2017年9月24日)

商品内容

要旨

若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!?あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び。

出版社・メーカーコメント

【第一弾『マスカレード・ホテル』映画化!】累計300万部突破 「マスカレード」シリーズ。若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。【著者略歴】東野圭吾(ひがしの・けいご)1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞と第6回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。『分身』『白夜行』『幻夜』『黒笑小説』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『ラプラスの魔女』『人魚の眠る家』『危険なビーナス』『恋のゴンドラ』『素敵な日本人』など著書多数。