• 本

池澤夏樹、文学全集を編む

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-309-02608-4
4-309-02608-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 239P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

豪華対談・鼎談多数収録。

目次

緒言(池澤夏樹)
池澤夏樹ロングインタビュー―「人間とは何か」 その手がかりとしての文学
記憶が紡ぐ歌、そして物語へ 石牟礼道子×池澤夏樹
日本を変革する新しい文学運動の始まり―「日本文学全集」刊行開始にあたって 大江健三郎×池澤夏樹
世界文学は越境する 鴻巣友季子×沼野充義×池澤夏樹
世界文学と『苦海浄土』―熊本県立図書館での講演から(池澤夏樹)
王朝文学は連環する 森見登美彦×川上弘美×中島京子×堀江敏幸×江國香織
六本木(岡田利規)
角田光代、『源氏物語』を訳す
文学全集とその時代(斎藤美奈子)〔ほか〕

おすすめコメント

史上初の全巻個人編集「世界」「日本」文学全集の楽しみ方とは。対談、エッセイに石牟礼道子、大江健三郎、角田光代、森見登美彦、川上弘美、中島京子、堀江敏幸、江國香織、柴田元幸など。