• 本

ホンのひととき 終わらない読書

PHP文芸文庫 な7−1

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-569-76766-6
4-569-76766-4
税込価格 734円
頁数・縦 278P 15cm

商品内容

要旨

本を開けば、友達はいつもそこにいる―女優、タレントであり、また作家、脚本家として活躍しながらも読書家で知られる著者が、不朽の名作から話題の小説、ノンフィクションやビジネス書、実用書まで、人生の折々で出合ってきた大切な本について綴っていく。選りすぐりの約一〇〇冊の本を紹介するエッセイ&書評集。傷ついて落ち込む日もうれしい日にも、あなたの心に寄り添う本がきっと見つかるはず。

目次

1 ホンのひととき(ひとりきりになれる場所
ままごと遊び
診療所の待合室で ほか)
2 読書日記 2011〜2014(ルーツを探して
物語の神様に救われる
母子相克―あまりにも濃密な ほか)
3 書評の本棚(美しいものは消えない―遠藤周作『砂の城』
花火のように散る恋―井上荒野『もう二度と食べたくないあまいもの』
不確かなものに惹かれ―百田尚樹『プリズム』 ほか)

おすすめコメント

「週刊ブックレビュー」で長年司会を務め、年間300冊の本を読むなど読書家で知られる女優による、本への愛を綴ったエッセイ&書評集。

著者紹介

中江 有里 (ナカエ ユリ)  
1973年大阪府生まれ。法政大学卒。女優、作家。89年芸能界デビュー、テレビドラマ・映画に多数出演。2002年『納豆ウドン』で第23回NHK大阪BKラジオドラマ脚本懸賞最高賞受賞。NHKBS2「週刊ブックレビュー」で長年司会を務めた。現在は、フジテレビ系「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。読書に関する講演や、エッセイ、書評も多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)