• 本

ナチの子どもたち 第三帝国指導者の父のもとに生まれて

出版社名 原書房
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-562-05432-9
4-562-05432-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 269,23P 20cm

商品内容

要旨

ナチ高官たちは何を行い、戦後、自らの罪にどう向き合ったのか。子どもたちは父の姿をどのように見つめたのか。本名を隠して生きた者、極右運動に走る者…。さまざまな人生を追い、語られざる現代史に迫る。

目次

グドルーン・ヒムラー―ナチズムの「お人形さん」
エッダ・ゲーリング―「ナチ・ドイツのネロの小さなプリンセス」
ヴォルフ・R.ヘス―最後の戦犯の陰にいる子ども
ニクラス・フランク―真実への欲求
マルティン・アドルフ・ボルマン・ジュニア―「クレーンツィ」あるいは皇太子
ヘースの子どもたち―アウシュヴィッツの司令官の子孫たち
シュペーアの子どもたち―「悪魔の建築家」の一族
ロルフ・メンゲレ―「死の天使」の息子
ドイツの歴史?

おすすめコメント

ヒムラー、ゲーリング、ヘスといったナチ高官たちは何を行い、戦後、自らの罪にどう向き合ったのか。彼らの子どもたちは父の姿をどのように見つめたのか。親の過ちは彼らの人生に影を落としたのか。現代史の暗部に迫る。

著者紹介

クラスニアンスキ,タニア (クラスニアンスキ,タニア)   Crasnianski,Tania
刑事事件専門の弁護士を経て、執筆活動に入る。フランス生まれで、現在はドイツ、ロンドン、ニューヨークに生活拠点がある。『ナチの子どもたち―第三帝国指導者の父のもとに生まれて』が初の著書
吉田 春美 (ヨシダ ハルミ)  
上智大学文学部史学科卒業。フランス語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)