• 本

東京レイヴンズ 15

ShamaniC DawN

富士見ファンタジア文庫 あ−2−5−15

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-04-070526-2
4-04-070526-2
税込価格 704円
頁数・縦 406P 15cm
シリーズ名 東京レイヴンズ

商品内容

要旨

幾瀬、幾年の彼方で会おう―遙かなる呪を抱いて、夏目の魂は転生した。後の世に伝説と語られる陰陽師・土御門夜光、その傍らに控える式神にして幼馴染の少女・飛車丸として。時は昭和14年、夜光が陰陽道宗家の家督を継いだある春の日。運命の分岐点は、赤髪の陸軍将校の姿を象って訪れる。「ぼくは相馬佐月。貴方と同じ―陰陽の道を歩む者です」人知れず呪術の未来を憂いていた夜光と、大戦前夜という情勢において陰陽道の再興を狙う佐月。二人の出会いがもたらすものは、呪術界の夜明けと、そして―。時を超えた魂がいま、すべての始まりを繙きはじめる。

おすすめコメント

時を超え、いま語られる――土御門夜光が辿った激動の運命 やがて呪術界に変革をもたらす伝説の陰陽師・土御門夜光。没落してゆく宗家の当主になった彼の前に、呪術復権の野心を抱く青年・相馬佐月が現れて――。これは転生した夏目の魂が体験する、過ぎ去りし日々の物語。

著者紹介

あざの 耕平 (アザノ コウヘイ)  
「神仙酒コンチェルト」でデビュー。徳島県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)