• 本

始まりの魔法使い 2

言葉の時代

富士見ファンタジア文庫 い−8−1−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-04-072297-9
4-04-072297-3
税込価格 704円
頁数・縦 349P 15cm
シリーズ名 始まりの魔法使い

商品内容

要旨

竜歴509年。将来の食糧危機を見据え、“私”は新たに農耕と牧畜を始めることを決めた。とはいえ、異世界の動植物に知見がない“私”は、その方法を他種族から学ぶべく、人魚や半人半狼、蜥蜴人の留学生を迎えることに。しかし、価値観の異なる生徒たちとの授業は困難の連続だった!そして、“私”が留学生を世界中から集めたもう一つの理由、それは魔法学校を有名にすることだった。いつか、“彼女”がこの場所に迷わずに戻れるように。―「でも、今はいないじゃない」剣部の一族の少女・ユウキの赤い瞳が真っ直ぐに“私”を映し出す。これは、すべての“始まり”を創った竜の魔法使いの物語。

おすすめコメント

魔法学校を大きく有名にする。いつか彼女が、迷わず戻れるように 竜の魔法使い“センセイ”は、将来の食糧危機に備え、新たに農耕と牧畜を始めることに。さらに魔法学校に、《属性》研究の一環として人魚や半人半狼、リザードマンなど他種族からの留学生を迎えることになり――!?

著者紹介

石之宮 カント (イシノミヤ カント)  
『始まりの魔法使い』で、第1回カクヨムWeb小説コンテスト“特別賞”を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)