• 本

佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題

ブルーバックス B−2032

出版社名 講談社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-06-502032-6
4-06-502032-8
税込価格 1,058円
頁数・縦 216P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

最先端の量子力学実験は、我々の科学認識に大きな変更を要求している。「観測」とは何か?「物理量」は実在するのか?二重スリット実験を巧妙に発展させた、最先端の干渉実験は何を教えてくれるのか?量子力学の腑に落ちない感覚を見つめ直す、新しい量子論。

目次

序章 傍観者か参加者か?
第1章 量子力学とアインシュタイン
第2章 状態ベクトルと観測による収縮
第3章 量子力学実験―干渉とエンタングル
第4章 物理的実在と「解釈問題」
第5章 ジョン・ホイラーと量子力学
終章 量子力学に学ぶ

おすすめコメント

科学は自然を超えられるのか、人工知能が人間を支配する時代はくるのか。量子力学的世界観から、21世紀の科学のあり方を問い直す。

著者紹介

佐藤 文隆 (サトウ フミタカ)  
1938年、山形県生まれ。1960年、京都大学理学部卒業。京都大学教授を経て、同大学名誉教授。専攻は一般相対論、宇宙物理学。トミマツ‐サトウ解の発見など多くの業績をあげた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)