• 本

老けない人はこれを食べている

出版社名 新星出版社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-405-09344-7
4-405-09344-X
税込価格 1,080円
頁数・縦 143P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

魚はお刺身で食べましょう。肉はたたきやしゃぶしゃぶがお薦めです。野菜はレモンやオリーブオイルを添えて。ワインも一緒に楽しんでください。この本を読めば、毎日の食事を楽しみながら、いまより若返ることができます。

目次

1章 食べたもので人は老ける。病気になる(老ける元凶は「糖化」だった
食べ物のこんがりとした焼き色に注意!
老化しやすいのは体のどこ? ほか)
2章 いつまでも若くいたければ、これを食べなさい(赤ワイン・白ワイン―古代から伝わる「呑む治療薬」
緑茶・紅茶―カテキンパワーでがんを予防
ごま―肝臓を若返らせる! ほか)
3章 老けない人が知っている9のルール(何歳からでも人は若返る
太った人は体の老化も進んでいる
年齢に応じた「健康体重」とは? ほか)

おすすめコメント

老化の最大の原因は、糖化だった!これまで老化の原因とされていた「酸化=体がサビる」以上に、「糖化=体がコゲる」ことで、人の体は老い、そしてあらゆる病気を引き起こしていることがわかってきました。糖化の専門家でもあり、ベストセラー医師の牧田善二先生が実際に患者さんにも指導している「いつまでも若く、病気にならない食べもの・食べ方」を紹介します。

著者紹介

牧田 善二 (マキタ ゼンジ)  
糖尿病専門医。北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。北海道大学医学部講師、久留米大学医学部教授を経て、2003年に、糖尿病などの生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業。延べ10万人以上の患者を診ている。著書・監修書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)