• 本

これでいいのか和歌山県 魔物が和歌山を分断する!?

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-89637-651-7
4-89637-651-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 139P 26cm

商品内容

目次

魔物が和歌山を分断する!?―近畿のオマケは再開発で復活できやんの?
第1章 謎と神秘に満ちあふれた紀伊の歴史
第2章 おおらか?打算的?複雑な和歌山気質
第3章 地域によって激しすぎるインフラ格差
第4章 日本一が多すぎる和歌山の産業
第5章 実は各地で進行している大規模再開発
第6章 豊富な観光資源の活用度は?
第7章 紀中・紀南の衰退は紀北へ波及!?
第8章 もうそろそろ、「近畿のオマケ」とは言わせない!!

おすすめコメント

和歌山県の実態は地形上、神秘に包まれ謎が多いとされてきた。その和歌山の本筋を見出した一冊。

著者紹介

昼間 たかし (ヒルマ タカシ)  
1975年岡山県生まれ。ルポライター、著作家。岡山県立金川高等学校・立正大学文学部史学科卒業。東京大学大学院情報学環教育部修了
鈴木 士郎 (スズキ シロウ)  
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。地域批評シリーズ創刊より編集スタッフ、編著者として携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)