• 本

もうすぐ変わる日本史の教科書

KAWADE夢文庫 K1076

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-309-49976-5
4-309-49976-7
税込価格 734円
頁数・縦 221P 15cm

商品内容

要旨

「大化の改新」「最古の貨幣」「士農工商」「鎖国」…。日本史の教科書に記述されていた“史実”は、新説や新発見によってどう変わっていくのか、ズバリわかる!

目次

1章 これから教科書に載る常識をくつがえす新定説(薩長同盟は倒幕目的の軍事同盟ではなく、名ばかりの関係だった
江戸時代の対外政策「鎖国」は当時の実相を表した言葉ではない ほか)
2章 いずれ教科書を書き換える動かしがたい新史実(犬公方とさげすまれた将軍綱吉は、じつは先進的な名君だった?
長篠の戦いの記述に、旧説とされた「3000丁の鉄砲での三段撃ち」が復活?! ほか)
3章 教科書見直しの議論が不可避になる新学説(長年続けられた邪馬台国論争、ついに「畿内説」で決着…
大化の改新の中心人物は中大兄皇子ではなく、孝徳天皇だった? ほか)
4章 将来、教科書に反映すべき重大な発見・注目の学説(朝廷が隠し続けた遣唐使の本当の目的とは
武士の身分は売買された…、変更を迫られる江戸の身分制度の記述 ほか)

おすすめコメント

中大兄皇子は大化の改新を主導していない!鎖国中も大規模な貿易が行なわれていた!…など、いま、授業で習った歴史上の事件や人物についての「定説」が大きく変わりつつある。常識がひっくりかえる一冊!

著者紹介

河合 敦 (カワイ アツシ)  
1965年、東京都生まれ。青山学院大学卒。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。多摩大学客員教授。歴史作家・歴史研究家として執筆、講演活動、テレビ出演等を精力的に行っている。第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)