• 本

チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯 革命に生きた侍

出版社名 キノブックス
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-908059-80-3
4-908059-80-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 329P 図版16P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

革命の英雄、没後50年―。いま共に甦る、もう一人の“ゲバラ”、フレディ前村。当時を知る者たちの証言から、日本人の血を引く戦士とチェが率いたゲリラの最期を克明に描き出す。貴重な写真資料も掲載。

目次

侍の最期―エクトル記
幼年時代―マリー記
純吉の力―マリー記
救済の精神―マリー記
医者の夢―マリー記
キューバへ―マリー記
革命への傾倒―マリー記
社会のための医師―マリー記
ボリビアのゲリラ―エクトル記
ゲバラのボリビア到着と準備―エクトル記〔ほか〕

著者紹介

マリー・前村・ウルタード (マリーマエムラウルタード)  
1938年3月14日ボリビア・ベニ州トゥリニダー市生まれ。フレディ前村の実姉。社会保険事務所、ボリビアトヨタで経理の仕事に従事した後、結婚して家庭に入り、4人の子供を育てる。弟フレディの死後、彼の人生と向き合い、その存在を世に知らせようと、夫で記者の故エクトル・ソラーレス・ガイテと共に40年近く、フレディや家族にまつわる出来事を調査し、書き留めてきた。そして息子エクトルの力を借り、『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯―革命に生きた侍』を著した。2015年6月に死去
エクトル・ソラーレス・前村 (エクトルソラーレスマエムラ)  
1969年7月14日ボリビア・ラパス州ラパス市生まれ。マリーの長男でフレディの甥。ボリビア国立サンアンドレス大学法学部卒業後、弁護士として国会に勤務、法整備に携わる。2004年以降、ブラジルの前村家を訪ねるなどして日本人移民の歴史などについて調査をしている
伊高 浩昭 (イダカ ヒロアキ)  
1943年東京生まれ。ジャーナリスト。立教大学ラテンアメリカ(ラ米)研究所学外所員。元共同通信記者。1967年からラ米全域を取材
松枝 愛 (マツエダ メグミ)  
1979年東京生まれ。翻訳家。東京外国語大学スペイン語学科卒、同大学院博士前期課程在籍。学生時代からラテンアメリカ情勢に関心を持ち、メキシコ、パナマ、ペルーなどに住む。スペイン語圏を中心に政治社会状況を取材し、翻訳や執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)