• 本

アインシュタイン−大人の科学伝記 天才物理学者の見たこと、考えたこと、話したこと

サイエンス・アイ新書 SIS−388

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-7973-8916-6
4-7973-8916-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

それまでの世界観をくつがえす相対性理論を提唱した天才科学者、アインシュタイン。苦労人で自由人、「ユーモラスなオッサン」でもあり、その言葉は今も、勇気や発見を与えてくれます。彼が当時、何を見、どう考えて相対性理論にたどり着き、そして周りの人々にどのようにかかわって生きたのか?それらをまとめて知るための、欲張りな1冊です。

目次

序章 アインシュタイン前夜
第1章 アインシュタインの誕生
第2章 奇跡の年
第3章 特殊相対性理論
第4章 教授時代
第5章 一般相対性理論
第6章 アインシュタイン・フィーバー
第7章 アインシュタインと平和
第8章 アインシュタインと宇宙

おすすめコメント

世界観を一変させた人生と理論に迫る! 特殊相対性理論と一般相対性理論を打ち立て、それまでの宇宙観、世界観を変えるという、天才にしかなしえない偉業を成し遂げた一方で、苦労人かつ自由人。そんな人間くさく不器用な面が、時をへてなお、人を惹きつけてやみません。本書では、わかりやすい図版や心に残るアインシュタインの名言もまじえながら、天才科学者の人生と理論を読み解きます。アインシュタインの思考を辿り、そして読み終えた後には「アインシュタインのことも相対性理論のこともわかった」と感じるための1冊。

著者紹介

新堂 進 (シンドウ ススム)  
1971年、長野県生まれ。専門はプログラマ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)