• 本

「力の大真空」が世界史を変える 構図が変化し始めた国際情勢

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-569-83706-2
4-569-83706-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

「地政歴史学」でシミュレートした東アジアの近未来。朝鮮半島、南シナ海で、“米中パワーゲーム”勃発!日本は「利害関係ある善意の部外者」として、勝ち組に残る戦略を。

目次

第1部 新たな「力の大真空」の時代(「力の大真空」とは何か、なぜそれが重要なのか
米中露・三大国パワーゲームの新段階
中東で最近生じた「力の大真空」 ほか)
第2部 「力の大真空」を地政歴史学的に分析する(地政歴史学とは何か
「力の大真空」の歴史的事例
二〇世紀前半に起きた「力の大真空」 ほか)
第3部 東アジアの「力の大真空」と日本の戦略(朝鮮半島の現状を検証する
シミュレーション・朝鮮半島を握る者は誰か
シミュレーション・南シナ海を握る者は誰か ほか)
エピローグ―日本と米国に「力の大真空」が生じる可能性

出版社・メーカーコメント

朝鮮半島、南シナ海で、“米中パワーゲーム”勃発! 1945年から1970年代にかけて形成された国際秩序が崩壊。大国のパワーゲームの火ぶたが切られた。 本書では、古代「アレクサンドロス大王死去後のマケドニア帝国」の事例から、直近「米軍のイラク撤退とISの台頭」まで、世界各地で現れた「力の空白・真空」状況の歴史をたどっていく。それを「地政歴史学」的な切り口で分析。「力の空白・真空」の発生がもたらす結末を、7パターンに分ける。このパターンを朝鮮半島と南シナ海に当てはめ、誰が勝者となるかを完全シミュレーション。さらには日本が「利害関係ある善意の部外者」として、勝ち組に残るための戦略について、提言する。国際社会の表裏を知り尽くし、「歴史的大局観」を抱くプロフェッショナルが、東アジアの近未来を予測する書。

著者紹介

宮家 邦彦 (ミヤケ クニヒコ)  
1953年神奈川県生まれ。78年東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。76〜77年米ミネソタ大学、台湾師範大学、79年カイロ・アメリカン大学、81年米ジョージタウン大学で語学研修。82年7月在イラク大使館二等書記官、86年5月外務大臣秘書官、91年10月在米国大使館一等書記官、98年1月中近東第一課長、同年8月日米安全保障条約課長、2000年9月在中国大使館公使、04年1月在イラク大使館公使、同年7月中東アフリカ局参事官などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)