• 本

吉祥寺よろず怪事(あやごと)請負処 〔2〕

人待ちの庭

角川文庫 ゆ9−32

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-04-105498-7
4-04-105498-2
税込価格 648円
頁数・縦 308P 15cm
シリーズ名 吉祥寺よろず怪事(あやごと)請負処

商品内容

要旨

吉祥寺のガーデンショップに居候中の大学生・保。兄のような存在である庭師の啓介が、実はすご腕の陰陽師でもあると最近知ったが、それ以上詳しいことを教えてもらえないのが不満の種だ。そんなある日、保と啓介は庭の手入れを依頼され、練馬の一軒家を訪れる。だが突然井戸から黒い煙のようなものが噴き出し『うそ…つき…』という女の声が。そしてさらに災いは連鎖していき―!?現代の陰陽師ものがたり、第2弾!

おすすめコメント

大ヒット作「少年陰陽師」の著者が贈る、現代の陰陽師ものがたり第2弾! 吉祥寺のガーデンショップに居候中の大学生・保。庭師の啓介は、実はすご腕の陰陽師でもある。2人はある一軒家を訪れるが、突然井戸から黒い煙のようなものが噴き出し、『うそつき』という女の声が!?

著者紹介

結城 光流 (ユウキ ミツル)  
2000年9月『篁破幻草子あだし野に眠るもの』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)