• 本

吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて 叱らぬ先生の出会いと軌跡

出版社名 スタイルノート
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-7998-0163-5
4-7998-0163-5
税込価格 2,160円
頁数・縦 190P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「県大会、地区大会を抜けたら、全国大会はメンバーへのプレゼント」そう語る屋比久勲は結果に執着しない。しかし、叱らぬ指導で短期間に優秀な成績を次々と生みだしている。その人柄に魅せられた著者が、5年にわたって屋比久を追った。

目次

第1章 福岡太宰府に九州情報大学吹奏楽部が誕生
第2章 音楽教師 屋比久をもたらしたもの
第3章 屋比久流の教育方針とその実り
第4章 屋比久の音楽づくり
第5章 九州情報大学の挑戦と実り
第6章 屋比久と大学教育 その意味

おすすめコメント

「叱らない先生」として所ジョージの番組にも出演!吹奏楽界では「吹奏楽の神様」と呼ばれ、全国から指導を受けに高校生や大学生が集まってくる屋比久勲氏。その屋比久氏を5年に渡り取材しました。 『金賞よりも大切なこと』を書いた著者ならではの、音楽教育学者の視点で、本当に叱らないのか、その教育法、指導法、指導手法などに迫ります。   <目次> ◆第1章 福岡大宰府に九州情報大学吹奏楽部が誕生  ◆第2章 音楽教師 屋比久をもたらしたもの  ◆第3章 屋比久流の教育指針とその実り  ◆第4章 屋比久の音楽づくり  ◆第5章 九州情報大学の挑戦と実り  ◆第6章 屋比久と大学教育 その意味

著者紹介

山〓 正彦 (ヤマザキ マサヒコ)  
1957年長野県生まれ。中学校、高等学校、小学校の教員を経てから武蔵野音楽大学大学院音楽研究科に入学し音楽教育学を専攻。修了後、武蔵野音楽大学音楽教育学科講師として後進の指導にあたり現在に至る。主な研究領域は教員養成と音楽鑑賞指導。これまでに小学1年生から大学生までのすべての学年での教育経験があり、現在、幼児教育現場における指導アドバイザーもおこなっている。音楽鑑賞指導に関しては、2006年より全国各地で指導方法などについての講演をおこなってきている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)