• 本

もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために

出版社名 幻戯書房
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-86488-131-9
4-86488-131-6
税込価格 2,860円
頁数・縦 323P 20cm

商品内容

要旨

2018年、明治150年―そして天皇退位、TOKYO2020。新たな時代の予感と政治経済の後退期のはざまで今、考えるべきこととは何か。戦後論の第一人者が、失われた思想の可能性と未来像を探る批評集。

目次

1 二一世紀日本の歴史感覚(もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために―丸山眞男と戦後の終わり
三〇〇年のものさし―二一世紀の日本に必要な「歴史感覚」とは何か)
2 スロー・ラーナーの呼吸法(ヒト、人に会う―鶴見俊輔と私
書くことと生きること ほか)
3 「破れ目」のなかで(矛盾と明るさ―文学、このわけのわからないもの
戦争体験と「破れ目」―ヤスパースと日本の平和思想のあいだ ほか)
4 明治一五〇年の先へ(上野の想像力
八月の二人の天皇 ほか)

著者紹介

加藤 典洋 (カトウ ノリヒロ)  
1948年、山形県生まれ。文芸評論家。早稲田大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。『言語表現法講義』で新潮学芸賞、『敗戦後論』で伊藤整文学賞、『小説の未来』『テクストから遠く離れて』で桑原武夫学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)