• 本

特別支援教育の到達点と可能性 2001〜2016年:学術研究からの論考

出版社名 金剛出版
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-7724-1561-3
4-7724-1561-0
税込価格 6,480円
頁数・縦 299P 26cm

商品内容

目次

第1部 到達点(年齢別・学校種別
早期発見・アセスメント
指導・支援の計画と評価 ほか)
第2部 課題(特別支援教育の理念と基本的な考えの問題
特別支援教育の対象と範囲の問題
2E教育の問題 ほか)
第3部 展望と期待(国際比較の視点から日本の特別支援教育や学術研究への提言
学術学会の代表者のコメント(今後期待される学術研究は?)
親の会・当事者団体 ほか)
第4部 未来を描く(座談会)

著者紹介

柘植 雅義 (ツゲ マサヨシ)  
筑波大学教授(人間系知的・発達・行動障害学分野)。筑波大学より博士(教育学)。専門は、特別支援教育学。名古屋市公立学校教諭(小学校、養護学校)、国立特殊教育総合研究所研究員・主任研究官・研究室長。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)客員研究員、文部科学省特別支援教育調査官(発達障害担当)、兵庫教育大学教授/特別支援教育学専攻長、国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員/教育情報部長/発達障害教育情報センター長等を経て、2014年4月より現職(筑波大学教授/特別支援教育研究センター教授/附属大塚特別支援学校校長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)