• 本

AV女優消滅 セックス労働から逃げ出す女たち

幻冬舎新書 な−12−3

出版社名 幻冬舎
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-344-98469-1
4-344-98469-2
税込価格 902円
頁数・縦 235P 18cm

商品内容

要旨

文字通り“性奴隷”だった!悪質なスカウト、不当な契約、出演強要etc.「セックスを売る仕事」AV女優の残酷な労働現場、衝撃のルポルタージュ。

目次

第1章 人生が破壊された超人気AV女優
第2章 納得して出演している女性ばかりじゃなかった
第3章 歌手になりたくてAV作品に出演
第4章 人間扱いされないAV女優たちの絶望の系譜
第5章 普通の女の子をAV女優に導く暗黒のスカウト最前線
第6章 「AV女優に人権を」業界でただ一人動いた元AV女優
第7章 AV業界が消える前に
第8章 強要問題はAV女優の反乱だった

おすすめコメント

日本の多彩なアダルトビデオはまさに百花繚乱、世界中に多くのファンを持つ。かつては暴力団が女性を斡旋し、資金源としたが、90年代後半から業界の体質改善が進み、自ら女優に応募する女性も増え、健全なビジネスに変貌を遂げたかに見えた。しかし、2016年3月、女性団体が、自らの意思に反してAV作品に出演させられた女性たちの存在を発表。その後、被害者の告発が続く。AV女優が身を置く過酷な労働環境が表面化したのだ。東京オリンピックを控えた今、当局はAVへの取り締まりを強化する方針だ。瀕死寸前のAV業界生き残りの道を探る。

著者紹介

中村 淳彦 (ナカムラ アツヒコ)  
ノンフィクションライター。高齢者デイサービスセンターを運営していたが手を引き、現在はノンフィクション、ルポルタージュを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)