• 本

ヒトは「いじめ」をやめられない

小学館新書 308

出版社名 小学館
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-09-825308-1
4-09-825308-9
税込価格 842円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でもいじめによる事件が後を絶たない。これは、「いじめは本来人間に備わった“機能”による行為ゆえ、なくすことは難しい」という一面があることから考えるとうなずける。ならば、いじめに対するアプローチ法を変えて、その回避策を考えていくことが、良好な人間関係を維持するための最善策だ。本書では、子ども、大人の「いじめ」に関して、どのように防止・対応していけばよいのか、脳科学の観点から論を進める。

目次

第1章 いじめの快感―機能的・歴史的観点から考える(いじめのメカニズム)
第2章 いじめに関わる脳内物質(オキシトシン
セロトニン
ドーパミン)
第3章 いじめの傾向を脳科学で分析する(いじめられやすい人の特徴
いじめがより深刻化するとき
男女のいじめの違い
学校現場のいじめの現状)
第4章 いじめの回避策(大人のいじめの回避策
子どものいじめの回避策
教育現場における環境的回避策)

出版社・メーカーコメント

「いじめ」を脳科学する「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でも「パワハラ」「セクハラ」などの事件が後を絶ちません。しかし、「脳科学的に見て、いじめは本来人間に備わった“機能”による行為ゆえ、なくすことはできない」と、著者である脳科学者・中野信子氏は言います。ならば、いじめに対するアプローチ法を変えて、その回避策を考えていくことが、良好な人間関係を維持するためには得策です。本書では、子どもの仲間はずれやシカト、大人のパワハラ・セクハラなど、世代を問わない「いじめ」に関して、その回避策を脳科学の観点から説いていきます。

著者紹介

中野 信子 (ナカノ ノブコ)  
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所にて、ニューロスピン博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。現在、東日本国際大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)